初冬

時候の挨拶を間違えてしまいました

お客様へ送る会報誌に同封したご挨拶状の文面で、
時候の挨拶を間違えてしまいました。
初夏ではなく初冬と間違えてしまい、届いたお客様から数件、ご指摘の
ご連絡をいただいてしまいました。

お送りした全ての方に対し、お詫び状をお送りした方がよいのでしょうか?また、その場合には、どのような文面にすればよいのかと、困っております。
アドバイスをいただけますよう、お願いいたします。

ふくろう

もしも上司の方がいらっしゃるのなら、判断をあおぐのがベストかと思います。
そうでない場合は、私見では、次回の会報誌での巻末などで「前号○○ページで不適切な記述がありました。お詫び申し上げます。」などと入れるのがベターかと思います。
その間違いの重要度は、人や企業によって違うと思いますが、わざわざお詫び状を送るほどのものではないように思います。
具体的にお客さまへ損失を与えたものではないからです。
いち一般人として考えれば、会報誌の正誤表が郵便受けに届いていたら「こんなことでわざわざ送ってこなくてもいいのに」と普通は思うのではないでしょうか。

ご参考になれば幸いです。