時候の挨拶まとめ

時候の挨拶とは、手紙やはがきを書く際に使われる季節の移り変わりを表す挨拶の言葉です。
メールでのコミュニケーションが多くなっている現在では使用される頻度も少なくなっているようです。
しかし、時候の挨拶は、四季の移り変わりがはっきりとしている日本ならではの表現ですので、ビジネスの場でも是非活用しましょう。



<時候の挨拶マナー>


● 漢語調と口語調
「新春の候」や「厳寒の候」といった漢語調のものと「年が明け、まだ来ぬ春が待ち遠しく感じられます。」といった口語調のものがあります。
儀礼的な手紙やビジネス文書には漢語調、お祝い状や礼状など個人の手紙では口語調が使われることが多いようです。
● 実際の天候を考慮する
いくら「大寒の候」が1月の時候と決まっていても、実際にはそこまで寒くない1月もあります。
実際の気候のことを考慮して、自分なりの言葉で伝えるようにしましょう。
● 時候の挨拶からつながる言葉
・(皆様/貴社)にはますます(ご繁栄/ご健勝/ご発展)の事とお喜び申し上げます。
・皆様いよいよお元気でお過ごしとのこと、お喜び申し上げます。
・皆様にはおかわりなくお過ごしのこととお喜び申し上げます。
など時候のあいさつの後には、相手の健康や安否を気づかう言葉がつながります。



<時候の挨拶>


1月:
新春の候/厳寒の候/厳冬の候/大寒の候/酷寒の候/小寒の候/甚寒の候/正月の候/極寒の候
芳春の候/初春の候/厳寒の候/降雪の候/孟春の候/寒風の候/謹賀新年の候

2月:
立春の候/早春の候/余寒の候/晩冬の候/春寒の候/向春の候/梅花の候/解氷の候

3月:
早春の候/春暖の候/春分の候/浅春の候

4月:
春暖の候/陽春の候/仲春の候/桜花の候/春風駘蕩(しゅんぷうたいとう)の候

5月:
薫風(くんぷう)の候/残春の候/惜春(せきしゅん)の候/新緑の候/初夏の候/立夏の候/軽暑の候

6月:
初夏の候/麦秋の候/入梅の候/桜桃の候/向暑の候/薄暑の候/小夏の候/霖雨(りんう)の候

7月:
盛夏の候/炎暑の候/大暑の候/酷暑の候/仲夏の候 

8月:
残暑の候/暮夏の候/晩夏の候/残夏の候/初秋の候/秋暑の候/立秋の候/早涼の候

9月:
初秋の候/新秋の候/清涼の候/新涼の候/爽秋(そうしゅう)の候/秋涼の候/涼風の候/野分の候

10月:
秋冷の候/清秋の候/秋涼の候/錦秋(きんしゅう)の候/爽涼(そうりょう)の候/秋麗の候
錦繍(きんしゅう)の候/紅葉の候/寒露の候  

11月:
晩秋の候/向寒の候/暮秋の候/寒気の候/初霜の候/菊花の候/初雁の候/深冷の候

12月:
初冬の候/師走の候/霜寒の候/寒冷の候/歳末の候/歳晩の候/初雪の候/寒気の候




DL手紙のテンプレート