お中元のマナー

最近、お中元などのやり取りを禁止する会社も増えているようですが、
お客様や取引先、社内の人間関係を円滑にするためにも季節の挨拶や感謝の気持ちを伝えるお中元は大切です。
ビジネスマンにとってのコミュニケーションツールであるお中元のマナーを紹介します。



● お中元を送る時期は地域によって違う


地域によってお中元を贈る時期が違います。
東日本は7月のはじめ~15日まで、西日本は8月のはじめ~15日まで、沖縄は旧暦の7月15日までとされています。
お中元を送るのを遅れてしまった場合も、地方によって違いはありますが、一般的に15日以降は「暑中御見舞い」、
8月7日の立秋以降は「残暑御見舞い」として贈ります。
目上の人へはそれぞれ「暑中御伺い」「残暑御伺い」として贈ります。



● お中元の送り方


本来であれば持参することが望ましいですが、最近では郵送することが一般的になってきています。
送り状を添える場合と、百貨店から送る場合などに送り状を別送する方法があります。
喪中の場合、基本的にお中元を贈ることは問題ありませんが、気になる場合、四十九日の前であれば時期をずらして「暑中御見舞い」などとして贈ります。
水引、のしはさけて表書きのみを書くようにしましょう。



● お中元の送り状


お中元は季節の贈り物ですので、季節の挨拶や日頃の感謝の気持ちを伝えることを心がけましょう。
また、品物の内容や発送した日なども明記すると親切です。

【お中元の時期の時候の挨拶】
7月:
炎暑の候、猛暑の候、炎熱の候、
青葉若葉のみぎり、灼熱のみぎり、
涼風のほしいこのごろ、蝉しぐれしきりとなりました
8月:
残暑の候、晩夏の候、
残暑とは名ばかりの暑さが続きますが、ひぐらしの声に涼を覚えるこのごろ
ひまわりが今を盛りと咲き乱れていますが

お中元 人気の商品

お中元の定番はビールセット、ハム、そうめん、氷菓です。ビジネスシーンにおいては、ジュース、お茶、ゼリーが多いようです。



● ビールセット


とくに人気の品で、毎年人気ランキングにランクインしています。ビール券を贈答することも視野に入れるといいでしょう。
ただし、会社に送るのであれば、ビールはなかなか飲む機会がないので、小さい缶や紙パックで詰め合わせになっているジュースの方が喜ばれます。


● ハム、そうめん


お宅に送るならば、ビール同様人気の品です。
しかし、取引先のオフィスに送るとなると、小分けできないというデメリットがあるので、注意が必要です。
また、定番の商品だけにたくさんの人から送られてくることもあり、注意が必要です。


● 氷菓、ゼリー


小分けできるものが喜ばれるでしょう。人数と数量の確認をあらかじめしておくといいでしょう。
できないようならば、小さなモノがたくさん入ったお中元を選ぶのがおすすめです。
社内の人にも配れるので、会社宛に送るなら、一番無難で喜ばれる商品です。
ゼリーではありきたりなので、凍らせて食べるシャーベットなども嬉しいかもしれません。

お中元をもらったらどうしよう

贈り物はもらうのは嬉しいけれど、お礼やお返しをするのが難しいものです。
特に自分が用意していなかった相手からお中元をもらってい待った時など、お中元をもらった後のマナーを紹介します。



● お礼状はすぐに出しましょう


電話等口頭で感謝の気持ちを伝えるのは親しい間柄なら良いかもしれませんが、正式にはお礼状を出すのがマナーです。
お中元を受け取ったらできるだけ早く、出来れば3日以内に届くように出しましょう。


● お返しをする場合


基本的にお中元は日頃の感謝の気持ちを伝えるものなのでお返しは不要ですが、気持ちとして贈る場合には時期をずらすと良いでしょう。
お中元にお中元を返すのではなく、7月15日以降に暑中見舞いとして贈るといった具合です。


● お中元を受け取れない場合


公務員や金融関係、学校関係者は業務内容によってはお中元などを含めた金品の受け取りを禁止されていることがあります。
お中元を頂いたことへのお礼、受け取れない理由、お詫びを相手に送りましょう。




DL季節の挨拶 / 夏・秋のテンプレート