mi

名刺交換したあとに一発で名前を覚えるにはどうしたらいいでしょう

取引先の方が大勢がいらっしゃって、一度にたくさんの方と名刺交換した場合、「どの名刺がどの方だっけ…」と分からなくなることがあります。
みなさん、そんなときどうされてますか??

ビジトレ編集部

確かに、名刺交換したあとに一発で名前を覚えるのは難しいですよね。名刺交換をたくさんするときは、パーティーや交流会などお酒が入るときも多いですからね。
私の知り合いの上場企業の役員の方は、名刺交換をした後すぐにその人の特徴を名刺の裏にメモし、顔と名前と会社名を記憶しています。そして、上下の関係なく自ら「○○さん、お久しぶりです」と次に会ったときに話しかけています。ただ、そこまでして出会った人すべてを記憶する必要はないと思います。名前を覚える努力より、話しかけられたら名前を覚えているフリをする技術を磨いた方がいいかもしれませんね。「そうそう」とか「うんうん」と相槌を打ち、聞き手に徹して相手の情報が出てくるのを待つなどして。でも、キーマンは覚えておかないとまずいことにもなりかねないので、英単語を暗記するようにしっかり覚えるようにしておきましょう。

ありがとうございます!

ひなにゃん

実は私もよくやってしまいます。3人くらいで打合せに来られて名刺を順番に置こうと思ってるそばからどの人がどの人かわからなくなってしまい打合せ中は名前を呼べなくなってしまうのです。編集部の方がおっしゃっているように特徴を書くのが一番かと思いますが、本人を前に書くのは失礼だし…難しいですよね。どうしてもわからなくて用事があって連絡取らなければならない場合などは、一緒にいた人や知り合いに聞いています!

皆さんそうなんですね。安心しました!

ヨリトモ

逆転の発想です。
どうせ覚えきれないし、全員と付き合いきれません。
私は、顔も思い出せないような人の名刺はすぐに捨てます。
逆に、キーパーソンだとか、この人とは仲良くやっていきたい!と思った人の顔と名刺を深く胸に刻めばいいのです。