すりばち

ビジネス文書で接続詞の多用は避けるべき?

「論文っぽくなるので、接続詞をあまり使わないのが良い文章だ」と言われたことがあります。
たしかに接続詞が多用された文章は、堅くて説明文っぽいイメージがあります。
しかし、これってエッセイのような自由な文章だけでなくて、ビジネス文書にも言えることなんでしょうか?

編集部 小早川

接続詞は、文章においてナビゲーターの役割をしてくれます。ですので、ビジネス文書に限っては、意識的に用いるべきでしょう。
接続詞のある文章では、そこに重点を置きながら読んでいくことで、文と文との関係がすぐに分かるので、比較的ラクに読むことができます。
例えば、
逆接の接続詞「しかし」「ところが」「けれども」「だが」「それなのに」→前の内容と逆の内容が書いてある
転換の接続詞「ところで」「さて」「それでは」→ここで話題が変わる
同列の接続詞「つまり」「すなわち」「要するに」→前の内容と同じことが表現を変えて書かれている
順接の接続詞「だから」「それで」「したがって」→前の内容を条件とした結論が書かれている
というようになります。
ところが、接続詞のない文章を読むときは疲れます。何の前触れもなく、いきなり話題が変わっていたり、突然、前の内容と反対のことが書かれていたりするからです。読み手を混乱させないためにも、接続詞を正しく、効果的に使うようにしましょう。

あたりまえだけどなかなか書けない 文章のルール

このQにオススメの本

あたりまえだけどなかなか書けない 文章のルール
堀内 伸浩(著)クロスメディアパブリッシング

ラリア

メールでの敬語の使…

いつも社用のメールを打つのに、敬語がわからず、時間がかかります。 スケジュールを先方のご担当者が調整してくれたときに、「ご調整くださり、あ…続きを読む

  • 閲覧数:67016
三田地

「」と『』。何が違…

普段何気なく使っているカッコですが、カギカッコ(「」)と二重カッコ(『』)はどう違うんですか?

  • 閲覧数:16112
admin

拝啓、敬具、つける…

メールでも手紙でも(手紙というツールがそろそろ時代遅れですが)「拝啓」「敬具」をそれぞれ文頭、文末につけますよね?これらをつけないといけない…続きを読む

  • 閲覧数:11527
Michael

一文の適度な長さっ…

私は先日上司に「君の文章はダラダラとしていて結局何が言いたいのかよく分からない」と言われてしまいました。たしかに1つ1つの文章が長いかもしれ…続きを読む

  • 閲覧数:9503
だすきん

漢字表記とひらがな…

「言う(いう)はひらがなにするべきなのか、漢字にするべきなのか?」「行く(いく)はどっち?」 いつも悩むのですが、他の文書を参照してみても…続きを読む

  • 閲覧数:8646