豊田

マーケティングの入門書を教えてください。

「ビジネスマンならマーケティングの知識がないといけない」と最近よく耳にするので、マーケティングの勉強をイチからしようと思っています。入門書としてお薦めの本を教えてもらえないでしょうか? ちなみに私は、大手総合スーパーの現場で修業中です。よろしくお願いします。

編集部 吉田

「ビジネスならマーケティングの知識がないといけない」ということですが、それはよく言われることですが、消費者行動が「モノ消費からコト消費へ」と変化している社会では、「『いいモノ』を作っても売れない」ことが背景としてあげられます。

「いいものをつくる」作り手の論理ではものは売れなくなっているということで
す。いいものでありながら、顧客が求めるものはなんなのか。この問いに答える一つの手法が「マーケティング」です。

スーパーで勤務されているとのことで、そこでできるマーケティングとは、どん
なものがあるでしょうか。マーケティングの4Pでいうと、「製品」「流通」「価格」「プロモーション」のうち、「流通」「価格」「プロモーション」がターゲットになってくるでしょうか。

結局、マーケティングは4PのPのうち一つだけを切り出して理解することはできないと思います。マーケティングの基本を把握した上で、夫々の要素について議論を深める、という方策がいまのところ有用であるかのように思います。

での鉄板は、「図解 実戦マーケティング戦略」でしょうか。

入門書としては、ストーリー仕立てでわかりやすい「ドリルを売るには穴を売れ」「売れる会社のすごい仕組み~明日から使えるマーケティング戦略」があげられます。いずれも、佐藤義典氏著。

価格を中心に、実践的な知として、また最新のマーケティングの知識が入った本
では、弊社の「値上げのためのマーケティング戦略」があります。マーケティング全般を振り返りつつも、最新の知恵と知識が入った教科書としても使える構成になっています。ぜひ!

#マーケティング本のおすすめ、というとかなり個人的な好みが入ってしまいますので、書店へ足を運ぶことをお薦めします。

値上げのためのマーケティング戦略

このQにオススメの本

値上げのためのマーケティング戦略
菅野誠二(著)クロスメディアパブリッシング