かな

異動を社員に拒否されました。どう対処すればいいでしょうか?

管理系の仕事から営業職への転属の内示をしたところ、「営業はやりたくありません」と言われました。できるだけ本人の希望を尊重したいのですが、会社としてはそうもいかないので。こういう場合、みなさんだったらどう対処しますか?

編集部 根本

まず最初に確認すべきことは、労働契約書や就業規則に、従業員は正当な理由なしに異動や転勤などを拒むことができない旨が書かれているかを確認しましょう。
もし、上記のような記載があるのであれば、基本的には異動を命ずるべきでしょう。
ただし、異動を拒む正当な理由、例えば健康上の問題がある場合などは再考が必要ですから、「営業をやりたくない」という理由を詳しく聞いてみましょう。
理由を聞いた上で、正当な理由とは言えない理由ならば、あとはじっくり話し合うことです。会社としてこの異動が必要な理由、また異動を命じられる人の将来のキャリアの道筋を示してあげることも重要です。
それでもどうしても折り合いがつかない場合、最終手段として解雇、懲戒解雇も含めて検討していくことになります。

会社で活躍する人が辞めないしくみ

このQにオススメの本

会社で活躍する人が辞めないしくみ
内海正人(著)クロスメディアパブリッシング
sunsun

管理系の仕事から、営業職というのは
本人からすると180度の大きな転換に思えて、
抵抗感を覚えるのも不思議ではありません。


営業と一言で言っても、
会社によって、求められる役割は大きく違います。


あなたの会社において、
「営業」ってどんな仕事だろう、というのを一緒に
話す機会を取ってみてはどうでしょうか?


話していくうちに、一見正反対に思えた
管理系の仕事と営業の仕事にも共通点が多いことが
分かったりすると思います。


異動の“納得感”があるかないかで
その後のモチベーションが大きく変わるはず。
良い方向に進むといいですね。頑張ってください!


猪間

電車が止まったとき…

大雪で会社から帰宅途中の電車が止まりました。交通手段がなくなったため、近くのビジネスホテルに宿泊しました。この場合、宿泊費を会社に請求しても…続きを読む

  • 閲覧数:5150
どらえちゃん

喫煙者は入社できな…

私が就職したい会社の入社条件に、「喫煙者は採用しない」という文言がありました。私は喫煙者なので、この会社に入ることはあきらめるべきでしょうか?

  • 閲覧数:4359