セリエA

サッカーW杯で優勝したイタリアの国内リーグが、今、スキャンダルで大変らしいね。 あぁ、『セリエA』のことね。今期のスクデット(優勝)チーム「ユベントス」をはじめ有力チームが、審判に自チームに有利な判定をするよう働きかけたという疑惑ね。ユベントスは、今期と昨期のスクデットを剥奪され、さらに下部リーグのセリエBに降格することになったからね。ユベントスは日本のプロ野球でいうと巨人軍のような全国規模の人気を誇るチームで、イタリア代表に最も多くの選手を提供していたチームだから、その事件の大きさが想像できるね。 さらに詳しく知りたい場合は、こちらから → セリエA

リコール

最近、自動車の『リコール』が多いよね。品質が売りのトヨタ自動車でもリコールが増えているようだし。 リコールって、自動車の安全上不備があるとわかった場合、国土交通省に届け出て自動車を回収し無料で修理する制度でしょ。最近は、部品の共用化が進んでいるため、リコールの数が大量となる場合が多いよね。自動車は人命にかかわる商品だから、デリケートにならざる得ないでしょう。三菱自動車やパロマの湯沸かし器の例のように、商品のトラブルがわかった時点で、包み隠さず早急な対応をしないと、企業の存続に関わる大事になりかねないから。 さらに詳しく知りたい場合は、こちらから → リコール

減価償却

取引先からよく『減伽償却』という言葉を聞くのですが、それって何ですか? 減価償却というのは会計用語だよ。例えば、後藤君が仕事で使うために1000円分のノートを買ったら、それはすぐに経費として計上できるよね。でも、会社が1000万円のトラックを買ったとしたら、それはすぐに経費として計上できないんだよ。なぜかというと、トラックは何年も使うよね。例えば5年使うとしたら、1000万円÷5年=200万円が1年間の経費となるんだよ。だから、会社が今年は1000万円の利益が出そうだから、決算前に節税対策として1000万円のトラックを買えば、利益は0円で税金も0円になると考えても、減価償却の計算で200万円しか今年の経費に計上することができないんだよね。そうなると、利益は1000万円-200万円=800万円になって税金は利益の半分の400万円納めなければいけなくなるんだ。いろいろややこしい説明になったけど、要は“金額の高い経費は、全額その年度に経費として計上することができない”と覚えておけばいいかな。 さらに詳しく知りたい場合は、こちらから → 減価償却

LOHAS

去年あたりから『LOHAS(ロハス)』っていう言葉をよく聞くんだけど、LOHASって何のこと? LOHASとは、 Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった略語で、意味としては、健康と環境を考慮した生活スタイルって言えばいいかな。例えるなら、車は環境に良いハイブリッド車に乗るとか、食べ物は有機野菜を食べるとか、ヨガを習いに行くとか、地球にやさしいお洒落なライフスタイルって感じかな。LOHASの源流のアメリカを中心に、世界中でLOHAS人口は年々増加しているようなので、ビジネスとしても注目されている分野と言えるよね。 さらに詳しく知りたい場合は、こちらから → LOHAS

ゼロ金利政策

近々『ゼロ金利政策』が解除されると言われているけど、それって私たちの生活に何か影響あるの? ゼロ金利政策を簡単に言うと、銀行などの身近な金融機関が日本銀行からお金を借りるときの金利が0%ということ。不況や貸し渋りが問題となっていた1999年2月から実施され、銀行が資金を調達しやすくなることにより、市場経済でのお金の動きを活性化させることを目的とした国の政策と言えるかな。ゼロ金利が解除されることで、銀行が日本銀行から借りるお金に利子が付くということだから、私たちが銀行から借りるお金の利率が上がるというのがすぐに考えられる影響だよね。 さらに詳しく知りたい場合は、こちらから → ゼロ金利

1 712 713 714 715 716 717 718 719 720 722