皇包車

中国人観光客のためのタクシー「皇包車」って知ってる?日本にやってくる中国人旅行客に送迎やツアーのようなものまでやってくれるサービスで利用者が増え続けているんだ。いったいその中国人に大人気の「皇包車」ってどんなものなんだろう?

「皇包車」は中国発の自動車配車サービスのことで、アプリを通して空港送迎などのサービスを提供しているよ。世界的に有名な「Uber」と同様に「ライドシェア」の手法を採用していて、在日の華僑や華人が一般人ドライバーとして登録されているんだ。その人気は加熱し、全世界で利用者が200万人を突破、東京でも約2000人のドライバーが加盟しているよ。
「皇包車」がここまで人気になっている理由はなんだろう?それはマナーやサービスの良さにあると言われているんだ。中国人観光客といえば「爆買い」した商品を大きなトランクに入れて運ぶイメージがあるよね。彼らにとって従来のタクシーより、「皇包車」で大型車を利用するほうが便利だし、運転手と中国語でコミュニケーションを取れる点も魅力的なんだ。また、顧客のドライバー評価が報酬に影響するという「道徳システム」が採用され、ドライバーのマナー向上につながっているみたいだよ。
しかし、せっかく日本への旅行客が増えても中国系サービスを利用されてしまっては、消費の増大にもつながらないよね。今後は訪日中国人と観光立国を目指す日本の両方にとって利益となるような規制や政策が求められるね。

詳しくはコチラ→[日本各地で暗躍する中国版白タク「皇包車」の実態]