カズオ・イシグロ

今年のノーベル文学賞に、世界的ベストセラー作家である「カズオ・イシグロ」さんが選ばれたんだって。彼は一体どんな人なんだろう?

 「カズオ・イシグロ」さんは、長崎県生まれの日系イギリス人で、「日の名残り」という作品でイギリス最高の文学賞であるブッカー賞をとった世界的に人気の作家なんだ。5歳まで日本に住み、その後イギリスに移住した。イシグロさんは、日本語は話せないものの、5歳まで母親の日本語を聞いていた影響で、女性の日本語は理解することができるんだって。なんだかちょっとお茶目だよね。
 イシグロさんが幼少期をすごした日本の影響は、彼の作品にも影響しているんだって。デビューしたとき、イシグロさんは既にイギリスに国籍を移していたけれど、彼のデビュー作「遠い山なものひかり」は戦後の長崎が舞台になっているんだよ。また、「私を離さないで」は、舞台化、テレビドラマ化するなど、日本でも親しまれる作品のひとつだよね。この作品は、臓器提供のため育てられた若者たちのはかない命の物語なのだけれど、イシグロさんはそのはかなさに日本的な意識が流れているのだと感じたんだそう。
 こんなにも日本に親しみや関わりがある「カズオ・イシグロ」さんがノーベル文学賞に選ばれたなんて、日本人にとってはうれしい限りだよね。彼の今後の作品にも期待が膨らむね。


詳しくはコチラ→[ノーベル文学賞にカズオ・イシグロ氏 英国の小説家]