ドローン・ショー

最近、さまざまな分野でドローンの活躍が目立ってきたよね。夏の夜といえば花火が定番だけど、それに代わるドローンを使ったショーが注目を集めているよ。いったいどんなものなんだろう?

ドローン・ショーでは、イベント用に特別にLEDライトを装備したドローンが使用され、夜空でさまざまな色の光を表現できるんだって。観客への安全性も考慮されていて、通常のものよりはるかに軽量なんだよ。このドローンを使って、音楽にあわせて動く立体的な模様やアニメーションを夜空に表現できるんだ。
このドローン・ショー、風が最大の敵で、開催にかかる費用も花火よりやや高額みたいだけど、天気の良い穏やかな日には場所や季節を問わず、迫力たっぷりの幻想的な空間を味わえるのが魅力だよ。夏の風物詩の花火や、夜の定番となったプロジェクション・マッピングに代わる、新たなショーの形が楽しめそうだね。
実は、ドローン・ショーは海外ではすでに多くの国で何度も開催されているんだって。ディズニー・ワールド・リゾートやミュージシャンのコンサートの演出でも使われているよ。手もとの端末で一人で操縦できる手軽さと、技術を駆使した機動的でダイナミックな表現が、活躍している理由みたい。日本では、7月22日から8月5日までのおよそ2週間にわたって、長崎ハウステンボスで始めてドローン・ショーが開催されたんだ。これからは日本でももっと見られるようになるかもしれないね!

詳しくはコチラ→【ハウステンボス、300機のドローンが飛び交うインテルの「ドローン・ラ  イトショー」を7月22日から開催】